• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  地域 >  五所川原市

五所川原市

15 件

上のカテゴリへ全体地図で見る
並び替え|観光スポット名 ▼|人気度

1 - 10 件目 ( 15 件中)   前 1 2


赤~いりんごの並木道
2009-10-19 19:26 [ 8750アクセス ]
 一ツ谷地区には、果肉、花、若葉、枝までもが赤いという大変珍しい「赤~いりんご」の木が約380本、1kmに渡り植栽され、春には赤~い花が、秋には真紅の実で町を彩ります。 五所川原市の特産品として知られ、皮はもちろん花も果肉も赤く世界的にも珍しい「赤~いりんご」。 五所川原市内一ツ谷地区に約1kmにわたって植栽し、並木道として整備した道路が「赤~いり...詳細を見る!

脇元海辺ふれあいゾーン
2009-10-20 9:09 [ 8539アクセス ]
 かつて鰊漁を生活の糧に暮らしていた脇元地区に「鰊御殿」を復元。資料や当時の漁具などを展示しており、ヒバ材を使ったバンガローや食堂、シャワー施設などがあります。 津軽半島の日本海沿岸はその昔、鰊や鰯漁が盛んでした。中でも脇元地区は鰊漁を生活の糧に暮らしていた地域。 しかし昭和20年頃から魚場は北海道方面へ移り、衰退の一途を辿ります。 ここに...詳細を見る!
2010-6-1 15:18 [ 11107アクセス ]
創業は正保年間(1644~1648年江戸中期)頃と、「津軽古今偉業記」に記されています。 「岩木正宗」の銘柄は津軽富士「岩木山」の伏流水で酒を仕込んだことに因んでつけられました。現在は純米酒を中心に酒造りを営んでいる。 現社長で16代目。杜氏は17代目が引き継いでいる。詳細を見る!
立佞武多の館
2009-10-19 18:43 [ 13815アクセス ]
 この冬お勧め「つくね芋定食」。つくね芋は五所川原の特産品。まずは食べて気に入ったら物産コーナーで生のつくね芋を買って自宅で五所川原の味を楽しもう! 明治40年(1907)頃から、隣町まで見えたといわれ、子どもの頃の太宰も見ていたかも知れない巨大ねぷた。 大正時代に姿を消したが、平成10年(1998)、80年ぶりに立佞武多として復活しました。 「ヤッテマレ ヤ...詳細を見る!
熊野神社 大イチョウ、黒松
2009-10-19 20:15 [ 8578アクセス ]
 境内には稲荷神社もあります。 熊野神社の境内にある4本の大きなイチョウで、樹齢は推定500年。 神社境内は氏子たちによってしっかりと整備されています。 同じ敷地には大きな黒松もあり、樹齢推定600年。 熊野神社のある地区は、いまも百万遍信仰が色濃く残るところ。鉦を叩きながら村中を廻り、村はずれでは数珠回しをします。これは、悪い疫病が村に入らぬ...詳細を見る!
津軽鉄道
2009-10-19 19:19 [ 13538アクセス ]
 津軽鉄道では、四季をとおして「ストーブ列車」「風鈴列車」「鈴虫列車」等を運行。また、トレインアテンダントが乗車して、沿線の観光案内やおもてなしをしております。 昭和3年(1928)開通の津軽鉄道は、津軽五所川原を起点に太宰治の生家が残る金木を経由し、津軽中里まで津軽半島を20.7キロメートル縦断する鉄道。 季節の音色が美しい夏の風鈴列車や、秋の鈴虫列...詳細を見る!
津軽金山焼
2009-10-19 20:36 [ 10852アクセス ]
 電動ロクロや手びねりの陶芸体験で世界に1つしかない作品を作りませんか。レストラン「パタータ」では薪窯で焼くピザ作り体験ができます。とっても楽しい体験ですよ。 かつてこの地にあった「須恵器」から強い影響を受けた津軽金山焼は、昭和60年(1985)、五所川原市金山地区に登り窯を作ったことにはじまります。 金山大溜池の底に堆積する良質の粘土を使い、釉薬...詳細を見る!
2010-6-1 14:44 [ 7849アクセス ]
 創立年月日不詳。 寛永の頃、 藤右エ門という者が、 金神林に於ける大木の根元にて奇異の三石を発見し、 霊夢に依り三宝荒神と崇め奉る。  明治四年愛宕神社と改める。 詳細を見る!
布嘉御殿 復元
2009-10-20 10:21 [ 6951アクセス ]
 展示施設となっております古民家は約200年前の建物を秋田県大館市より移築したもので、館内に入ると、趣のある空間を感じることができるかと思います。 五所川原の「布嘉(ぬのか)」は、呉服商から大地主となり、県内はもとより東北屈指の大富豪となった佐々木嘉太郎の屋号。 明治後半に完成した邸宅は壮大なスケールから「布嘉御殿」と呼ばれたが、昭和19(1944)年...詳細を見る!
2010-6-1 13:54 [ 9673アクセス ]
 太宰が「生みの母よりも、この叔母を慕っていた」という、叔母きゑの家があった場所は、現在津島歯科医院になり、隣にある蔵は、太宰が訪ねた当時の外観を残しています。詳細を見る!

1 - 10 件目 ( 15 件中)   前 1 2


Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ