• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > 佳日
佳日 (p5/14)
方のお家へ、速達の葉書を発した。ただいま友人、大隅忠太郎君から、結納《ゆいのう》ならびに華燭《かしょく》の典の次第に就き電報を以《もっ》て至急の依頼を受けましたが、ただちに貴門を訪れ御相談申上げたく、ついては御都合よろしき日時、ならびに貴門に至る道筋の略図などをお示し下さらば幸甚《こうじん》に存じます、と私も異様に緊張して書き送ってやったのである。先方の宛名《あてな》は、小坂吉之助氏というのであった。翌《あく》る日、眼光鋭く、気品の高い老紳士が私の陋屋《ろうおく》を訪れた。
「小坂です。」
「これは。」と私は大いに驚き、「僕のほうからお伺《うかが》いしなければならなかったのに。いや。どうも。これは。さあ。まあ。どうぞ。」
 小坂氏は部屋へあがって、汚い畳にぴたりと両手をつき、にこりともせず、厳粛な挨拶をした。
「大隅君から、こんな電報がまいりましてね、」私は、いまは、もう、なんでもぶちまけて相談するより他は無いと思った。「○《まる》オクッタとありますが、この○《まる》というのは、百円の事です。これを結納金として、あなたのほうへ、差上げよという意味らしいのですが、何せどうも突然の事で、何が何やら。」
「ごもっともでございます。山田さんが郷里へお帰りになりましたので、私共も心細く存じておりましたところ、昨年の暮に、大隅さんから直接、私どものほうへお便りがございまして、いろいろ都合もあるから、式は来年の四月まで待ってもらいたいという事で、私共もそれを信じて今まで待っておりましたようなわけでございます。」信じて、という言葉が、へんに強く私の耳に響いた。
「そうですか。それはさぞ、御心配だったでしょう。でも、大隅君だって、決して無責任な男じゃございませんから。」
「はい。存じております。山田さんもそれは保証していらっしゃいました。」
「僕だって保証いたします。」
 その、あてにならない保証人は、その翌々日、結納の品々を白木の台に載せて、小坂氏の家へ、おとどけしなければならなくなったのである。

 正午に、おいで下さるように、という小坂氏のお言葉であった。大隅君には、他に友人も無いようだ。私が結納を、おとどけしなければなるまい。その前日、新宿の百貨店へ行って結納のおきまりの品々一式を買い求め、帰りに本屋へ立寄って礼法全書を覗《のぞ》いて、結納の礼式、口上などを調べて、さて、当日は袴《はかま》をはき、紋附《もんつき》羽織《はおり》と白|足袋《たび》は風呂敷に包んで持って家を出た。小坂家の玄関に於いて颯《さ》っと羽織を着換え、紺《こん》足袋をすらりと脱ぎ捨て白足袋をきちんと履《は》いて水際立《みずぎわだ》ったお使者振りを示そうという魂胆《こんたん》であったが、これは完全に失敗した。省線は五反田で降りて、それから小坂氏の書いて下さった略図をたよりに、十丁ほど歩いて、ようやく小坂氏の標札を見つけた。想像していたより三倍以上も大きい邸宅であった。かなり暑い日だった。私は汗を拭い、ちょっと威容を正して門をくぐり、

<< 前のページ (p4/14) 次のページ (p6/14) >>
Myルートガイド