• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > 盲人独笑
盲人独笑 (p6/11)
○同九日。かわりなく候。
○同十日。にもつ。うけとる。
○同十一日。かわりなく候。しのびにて、さらえを、する。
○同十二日。おやしきに、おいて、琴、ほをのを(奉納)あり。おうむ(鸚鵡)のこゑを、きく。

       同断中略。

○四月十九日。に(荷)を、くだす。
○同二十日。あすわ、ふねなり。
  こよひわ、なぜこのやうに、ねられぬことかな。わけもない、ことばかり、おもひて、はや、うしのこくにも、なるらん。
  まことなき。ひとのこころと。とくしらば。なにをうらみの。たねとかわせん。
  ほんに、おもひまわせば、たのむわ、ふるさと。ちち、はは。まだ、ほかにも、あり。
  かへらんと。つつめばそでに。あまりけり。つみしわかなを。いかにとかせん。
○同二十一日。たつのこくに、みやこをたち、さるのこくに、おのみちぶねに、のり
○同二十二日。かぜ、つよし。さけを、のみ、
  ふなびとに。まかせてわたる。のりのうみ。なみたたばたて。かぜふかばふけ。
○同二十三日。むまのこくに、おのみちに、つき、とみよしやに、とまる。
○同二十四日。ふるさと、あやめ(菖蒲)
  なにことも。さたかならざる。よのなかに。かわらぬきみの。こころうれしき。
○同二十五日。すみ寿。琴にて。かがりび。三へん。けいこいたす。

       同断中略。

○五月一日。とぞなりにける。さても、このせつわ、は(歯)を、いたむ。
○同二日。あめふる。おりやう、さみせん、ななくさ。おふえ村、おすて。きたりぬ。琴にて、てんかたいへい。さても、さても、歯がいたい。
○同三日。つづいて。あめ。はもいたむ。なにほどの、つみや、むくいの、あらわれて、かくまでわれわ、はをいたむらん。
○同四日。あめも、ふらぬに、はをいたむ。なにのいんがに、このやうな、気づよいをとこが、まま、わしや、いとし。
○同五日。はをいたむゆゑ、げざいをのむ。されども、きかず。さて。
○同六日。くすりも、よくめぐりけるか、歯わ、なをり、はらをいたむ。さくじつまでわ、したきりすずめ、こん日わ、にんげんらしきものを、たべたり。つぎに、あぶらやのおせつ、琴にて、さよかぐらを、けいこ。
○同七日。ひるから、あめふる。また、歯がいたまねばよいが。
○同八日。うてん。それこそ、また歯をいたむにつき、のみけるものわ、くすり。
○同九日。あめふる。か(蚊)ひとつ。
  かならずと。ちぎりしひとわ。来もやらで。さみだれかかる。やどのさびしさ。

<< 前のページ (p5/11) 次のページ (p7/11) >>
Myルートガイド