• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > 無趣味
無趣味 (p2/2)
 この、三鷹《みたか》の奥に移り住んだのは、昨年の九月一日である。その前は、甲府の町はずれに家を借りて住んでいたのである。その家のひとつきの家賃は、六円五十銭であった。又その前は、甲州|御坂峠《みさかとうげ》の頂上の、茶店の二階を借りて住んでいたのである。更にその前は、荻窪《おぎくぼ》の最下等の下宿屋の一室を借りて住んでいたのである。更にその前は、千葉県、船橋の町はずれに、二十四円の家を借りて住んでいたのである。どこに住んでも同じことである。格別の感慨も無い。いまの三鷹の家に就《つ》いても、訪客はさまざまの感想を述べてくれるのであるが、私は常に甚《はなは》だいい加減の合槌《あいづち》を打っているのである。どうでも、いい事ではないか。私は、衣食住に就いては、全く趣味が無い。大いに衣食住に凝《こ》って得意顔の人は、私には、どうしてだか、ひどく滑稽《こっけい》に見えて仕様が無いのである。

<< 表紙へ戻る 作品一覧へ戻る
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ