• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > フォスフォレッスセンス
フォスフォレッスセンス (p6/6)
「お芝居ですか?」
「ええ。」
 私は嘘《うそ》をついた。いや、やっぱり、嘘ではない。私にとって、現実の事を言ったのだ。
「それならすぐお帰りになります。先刻、こちらの叔父さんに逢いまして、芝居に引っ張り出したけど、途中で逃げてしまったとおっしゃって、笑っておられましたから。」
 女中は、私をちかしい者のように思ったらしく、笑って、どうぞと言った。
 私たちは、そのひとの居間にとおされた。正面の壁に、若い男の写真が飾られていた。墓場の無い人って、哀しいわね。私はとっさに了解した。
「ご主人ですね?」
「ええ、まだ南方からお帰りになりませんの。もう七年、ご消息が無いんですって。」
 そのひとに、そんなご主人があるとは、実は、私もそのときはじめて知ったのである。
「綺麗な花だなあ。」
 と若い編輯者はその写真の下の机に飾られてある一束の花を見て、そう言った。
「なんて花でしょう。」
 と彼にたずねられて、私はすらすらと答えた。
「Phosphorescence」

<< 前のページ (p5/6) 作品一覧へ戻る
Myルートガイド