• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > 火の鳥
火の鳥 (p2/34)
[#ここから3字下げ]
序編には、女優高野幸代の女優に至る以前を記す。
[#ここで字下げ終わり]

 昔の話である。須々木|乙彦《おとひこ》は古着屋へはいって、君のところに黒の無地の羽織《はおり》はないか、と言った。
「セルなら、ございます。」昭和五年の十月二十日、東京の街路樹の葉は、風に散りかけていた。
「まだセルでも、おかしくないか。」
「もっともっとお寒くなりましてからでも、黒の無地なら、おかしいことはございませぬ。」
「よし。見せて呉《く》れ。」
「あなたさまがお召《め》しになるので?」角帽をあみだにかぶり、袖口がぼろぼろの学生服を着ていた。
「そうだ。」差し出されたセルの羽織《はおり》をその学生服の上にさっと羽織って、「短かくないか。」五尺七寸ほどの、痩《や》せてひょろ長い大学生であった。
「セルのお羽織なら、かえって少し短かめのほうが。」
「粋《いき》か。いくらだ。」
 羽織を買った。これで全部、身仕度は出来た。数時間のち、須々木乙彦は、内幸町、帝国ホテルのまえに立っていた。鼠いろのこまかい縞目《しまめ》の袷《あわせ》に、黒無地のセルの羽織を着て立っていた。ドアを押して中へはいり、
「部屋を貸して呉れないか。」
「は、お泊りで?」
「そうだ。」
 浴室附のシングルベッドの部屋を二晩借りることにきめた。持ちものは、籐《とう》のステッキ一本である。部屋へ通された。はいるとすぐ、窓をあけた。裏庭である。火葬場の煙突のような大きい煙突が立っていた。曇天である。省線のガードが見える。
 給仕人に背を向けて窓のそとを眺めたまま、
「コーヒーと、それから、――」言いかけて、しばらくだまっていた。くるっと給仕人のほうへ向き直り、「まあ、いい。外へ出て、たべる。」
「あ、君。」乙彦は、呼びとめて、「二晩、お世話になる。」十円紙幣を一枚とり出して、握らせた。
「は?」四十歳ちかいボーイは、すこし猫背で、気品があった。
 乙彦は笑って、「お世話になる。」
「どうも。」給仕人は、その面《めん》のような端正の顔に、ちらとあいそ笑いを浮べて、お辞儀をした。
 そのまま、乙彦は外へ出た。ステッキを振って日比谷のほうへ、ぶらぶら歩いた。たそが

<< 表紙へ戻る 次のページ (p3/34) >>
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ