• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
トップ > 太宰Web文庫 > 雀こ
雀こ (p2/4)
[#ここから2字下げ]
長え長え昔噺《むがしこ》、知らへがな。
山の中に橡《とち》の木いっぽんあったずおん。
そのてっぺんさ、からす一羽来てとまったずおん。
からすあ、があて啼《な》けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
…………………………
[#ここで字下げ終わり]

 ひとかたまりの童児《わらわ》、広《ふろ》い野はらに火三昧《ひざんまい》して遊びふけっていたずおん。春になればし、雪こ溶け、ふろいふろい雪の原のあちこちゆ、ふろ野の黄はだの色の芝生こさ青い新芽の萌えいで来るはで、おらの国のわらわ、黄はだの色の古し芝生こさ火をつけ、そればさ野火と申して遊ぶのだおん。そした案配《あんばい》こ、おたがい野火をし距《へだ》て、わらわ、ふた組にわかれていたずおん。かたかたの五六人、声をしそろえて歌ったずおん。
 ――雀、雀、雀こ、欲《ほ》うし。
 ほかの方図《ほず》のわらわ、それさ応《こた》え、
 ――どの雀、欲うし?
 て歌ったとせえ。
 そこでもってし、雀こ欲うして歌った方図のわらわ、打ち寄り、もめたずおん。
 ――誰をし貰ればええべがな?
 ――はにやすのヒサこと貰れば、どうだべ?
 ――鼻たれて、きたなきも。
 ――タキだば、ええねし。
 ――女くされ、おかしじゃよ。
 ――タキは、ええべせえ。
 ――そうだべがな。
 そうした案配こ、とうとうタキこと貰るようにきまったずおん。
 ――右《みぎ》りのはずれの雀こ欲うし。
 て、歌ったもんだずおん。
 タキの方図では、心根っこわるくかかったとせえ。
 ――羽こ、ねえはで呉れらえね。
 ――羽こ呉れるはで飛んで来い。
 こちで歌ったどもし、向うの方図で調子ばあわれに、また歌ったずおん。
 ――杉の木、火事で行かえない。
 したどもし、こちの方図では、やたら欲しくて歌ったとせえ。

<< 表紙へ戻る 次のページ (p3/4) >>
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ