• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  すべてのスポット

すべてのスポット

現在、 107 件登録されています!

全体地図で見る
地域 (101)
太宰 (57)
その他 (10)
並び替え|観光スポット名 ▼|人気度

21 - 40 件目 ( 107 件中)    1 2 3 4 5 6


診療所跡地・太宰治文学碑
2009/10/20 8:57 [ 8229アクセス ]
「ごめん下さい、ごめん下さい」「はいと奥から返事があって、十四、五の水兵服を着た女の子が顔をだした。」(「津軽」)タケの娘・節(13歳)が腹痛のため運動会から家へ薬を取りに来た時、太宰と出会います。節の腹痛がなければ、タケと会うこともできませんでした。「太宰とたけ再会の道」は全長4.5kmのコース。診療所跡地にある碑文は、タケの五女の筆によるものです。詳細を見る!
2010/6/1 14:50 [ 8258アクセス ]
 旧津島家新座敷から雲祥寺に抜ける斜陽館の裏通りで、別な角度から見る斜陽館も楽しむことができます。 生花店や酒場、美容院などもあります。詳細を見る!
蟹田観瀾山太宰治文学碑
2009/10/20 9:38 [ 21512アクセス ]
 太宰治が「津軽」執筆時にN君たちと登った小山で蟹田町、漁港、陸奥湾がすべて見渡せる場所。下北半島の仏ヶ浦も見ることができます。 太宰が「津輕」執筆時にN君たちと登った小山が観瀾山。 展望所からは、蟹田の町や漁港のほか、陸奥湾が見渡せ、晴れた日には対岸の下北半島の仏ヶ浦も見ることができます。 観瀾山公園の中に建立されている文学碑には「か...詳細を見る!
藤の滝
2009/10/19 20:28 [ 10024アクセス ]
 藤の滝へと続く林道の大部分は、かつて津軽森林鉄道の軌道でした。この道を通り、深い奥山から良質のヒバが切り出されました。 金木町の喜良市から小田川を溯り、約7kmの地点にある滝。雄滝、雌滝と2段の滝があり、ふたつを総称して藤の滝と呼ばれています。 雄滝が、太宰の小説「魚服記」の舞台となった場所とされ、雄滝の高さは、約30m。上流500mの場所には、多...詳細を見る!
荒馬通り(北新町)
2009/10/19 19:59 [ 7381アクセス ]
 かつての旧役場、旧営林署、旧消防署等の行政地区として栄えた通り。今でも五所川原市役所金木総合支所や金木郵便局、金木商工会などが立ち並んでいます。 五所川原市役所金木総合支所から、金木郵便局、妙乗寺、金木商工会の通りの名称。 津軽鉄道金木駅から寺町へ通じる山手の道は、かつて、旧役場、旧営林署、旧消防署等の行政地区として栄えました。 金木...詳細を見る!
芦野夢の浮橋
2010/6/1 13:31 [ 9534アクセス ]
 太宰治文学碑から桜松橋を渡りきると今度は「芦野夢の浮き橋」という芦野湖の湖面に浮かぶ橋に辿り着きます。この橋はその名の通り湖面の上を歩くように作られている橋で、湖面を楽しみながら散歩ができ、橋の中央付近には休憩所もあります。 この橋を渡りきると「金木町オートキャンプ場」に着きます。 詳細を見る!
芦野公園駅
2010/6/1 15:35 [ 7758アクセス ]
 ゴールデンウィークに開催される「桜まつり」期間中には多くの乗客で賑わう。 園内の芦野湖に架けられた「夢の浮橋」を渡った湖岸に、恐山に次ぐ霊場「川倉賽の河原」がある。詳細を見る!
芦野公園太宰治文学碑
2009/10/19 19:45 [ 16204アクセス ]
 文学碑中央の鉄格子は、「人生には狭い険しい門がある」を意味しています。 五所川原市金木町にある、芦野湖を含む約80haの自然公園。日本さくら名所百選に選ばれた、2,200本の桜と1,800本の老松が湖畔に広がる景勝地です。 公園内にある太宰治文学碑には、ヴェルレーヌの詩の一節「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」と記され、碑の最上部には太宰の生...詳細を見る!
芦野公園
2010/6/2 8:53 [ 8247アクセス ]
 芦野公園は、湖をもつおよそ80haの自然公園で、桜2,200本と松1,300本が湖畔に広がり、日本さくら名所百選に選ばれています。 作家 太宰治が少年の頃よく遊んだ場所で、太宰が歩いた遊歩道や文学碑があり、ファンや観光客が散策したりボート遊びをしたりしながら太宰を偲んでいます。 園内には、太宰治文学碑や太宰治像、歴史民俗資料館、津軽三味線発祥の碑のほか、...詳細を見る!
脇元海辺ふれあいゾーン
2009/10/20 9:09 [ 8726アクセス ]
 かつて鰊漁を生活の糧に暮らしていた脇元地区に「鰊御殿」を復元。資料や当時の漁具などを展示しており、ヒバ材を使ったバンガローや食堂、シャワー施設などがあります。 津軽半島の日本海沿岸はその昔、鰊や鰯漁が盛んでした。中でも脇元地区は鰊漁を生活の糧に暮らしていた地域。 しかし昭和20年頃から魚場は北海道方面へ移り、衰退の一途を辿ります。 ここに...詳細を見る!
義経寺
2009/10/20 9:41 [ 11338アクセス ]
 「義経が海路の平安を祈って建てられた寺」という伝説が残る寺です。 小説「津軽」の中で、太宰とN君が石の階段を上って訪れた義経寺は、源義経の伝説が残る寺。 義経主従は平泉から逃れ三厩に至り北海道へ渡る際、海の荒れを鎮めるため、岩頭で三日三晩観音様に祈願したところ白髪の翁が現れ 3 頭の竜馬を与えると告げます。観音様を厩石に安置し、馬に乗って無...詳細を見る!
組合立明治高等小学校跡碑金木小学校プール側
2009/10/19 20:40 [ 9807アクセス ]
 金木小学校プール側にあります。思い出広場から芦野公園にむかう道端に建っています。県や市町村をまたいで学校を設立する場合、組合を作ります。 地方公共団体の組合による設立で、組合立明治高等小学校は、金木、嘉瀬、喜良市、武田の4ヵ村組合の創立。現在の金木小学校敷地にありました。 大正11年(1922)、太宰が尋常小学校を卒業後、太宰の成績が優秀なのは、...詳細を見る!
2010/6/1 15:18 [ 11330アクセス ]
創業は正保年間(1644~1648年江戸中期)頃と、「津軽古今偉業記」に記されています。 「岩木正宗」の銘柄は津軽富士「岩木山」の伏流水で酒を仕込んだことに因んでつけられました。現在は純米酒を中心に酒造りを営んでいる。 現社長で16代目。杜氏は17代目が引き継いでいる。詳細を見る!
竜神様跡手前・太宰治文学碑
2009/10/20 8:50 [ 8827アクセス ]
 ―小泊までたずねて来てくれたかと思うと、ありがたいのだか、うれしいのだが、そんな事は、どうでもいいじゃ、まあ、よく来たなあ。「津軽」― 小泊にある「太宰とたけ再会の道」にある文学碑の1つ。太宰が小説執筆のためタケの家を訪ね、2人で運動会を眺めたあと、八重桜が咲く竜神様へお参りに行きます。 小説では2人きりのようだが、実際は近所の人達と6、...詳細を見る!
立野神社 セン
2009/10/19 20:13 [ 8547アクセス ]
 津軽地域で神社を見かけたときは、鳥居に注目です。鬼がいます。全国的にみても鳥居に鬼が取り付けられているのは津軽地域以外ありません。神社ごとの鬼の特徴も見所です。 地元民に親しまれている立野神社へと向かう、参道にある樹齢500年のセンノキ。 立野神社は、古い街道近くにある神社で、風の神様が祀られています。東からの強風ヤマセがもたらす冷害を鎮...詳細を見る!
立佞武多の館
2009/10/19 18:43 [ 14095アクセス ]
 この冬お勧め「つくね芋定食」。つくね芋は五所川原の特産品。まずは食べて気に入ったら物産コーナーで生のつくね芋を買って自宅で五所川原の味を楽しもう! 明治40年(1907)頃から、隣町まで見えたといわれ、子どもの頃の太宰も見ていたかも知れない巨大ねぷた。 大正時代に姿を消したが、平成10年(1998)、80年ぶりに立佞武多として復活しました。 「ヤッテマレ ヤ...詳細を見る!
熊野神社 大イチョウ、黒松
2009/10/19 20:15 [ 8767アクセス ]
 境内には稲荷神社もあります。 熊野神社の境内にある4本の大きなイチョウで、樹齢は推定500年。 神社境内は氏子たちによってしっかりと整備されています。 同じ敷地には大きな黒松もあり、樹齢推定600年。 熊野神社のある地区は、いまも百万遍信仰が色濃く残るところ。鉦を叩きながら村中を廻り、村はずれでは数珠回しをします。これは、悪い疫病が村に入らぬ...詳細を見る!
2010/6/1 13:24 [ 6440アクセス ]
 小田川の上流にある小田川ダムの途中にあり、「湯」と名前は付いてますが冷泉が湧き出ていて、硫黄の匂いがたちこめて独特な雰囲気詳細を見る!
浅虫温泉
2009/10/20 9:34 [ 11304アクセス ]
 浅虫海岸のシンボル「裸島」その名の通り裸の巨岩である。親子の悲しい伝説も残っています。 平安時代、法然がこの地を訪れた時、傷ついた鹿が湯浴みするのを見て発見した温泉。 海岸では、海水浴やウインドサーフィン、ヨット、釣り、森林浴、湯治が楽しめます。 「トカトントン」の舞台となり、「思ひ出」にも登場。 椿館のご主人によると、津島家でも浅虫...詳細を見る!
津軽鉄道金木駅
2009/10/19 20:34 [ 20585アクセス ]
 昭和5年開業。五所川原から中里まで20.7kmの広大な田園地帯を走る津軽鉄道は、奥津軽のシンボル的存在です。 夏は、各車両に風鈴や短冊が下げられた「風鈴列車」、秋には鈴虫の籠が取り付けられた「鈴虫列車」、そして冬は、車内にダルマストーブが設置された「ストーブ列車」となって、車窓から銀世界を満喫することができます。 現在の金木駅は、交流プラザが併...詳細を見る!

21 - 40 件目 ( 107 件中)    1 2 3 4 5 6


Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ