• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  すべてのスポット

すべてのスポット

現在、 105 件登録されています!

全体地図で見る
地域 (99)
太宰 (57)
その他 (10)
並び替え|観光スポット名|人気度

101 - 105 件目 ( 105 件中)    1 2 3 4 5 6


仁太坊
2009/10/19 18:51 [ 10915アクセス ]
 津軽三味線の始祖、仁太坊こと秋元仁太郎は、生後間もなく母を失い8歳で失明。11歳で父をも失い、天涯孤独の身で三味線を習いました。 当時、目の不自由な男が所属する当道座には、身分が低く入れず、門付け芸人として蔑まれながらも、叩き奏法や八人芸を編み出し、現在の津軽三味線の原型を創ったそうです。 その功績をたたえて作られた津軽三味線会館では、屋...詳細を見る!
金木観光物産館「マディニー」
2009/10/19 18:47 [ 10484アクセス ]
 斜陽館の向かいにある金木観光物産館「マディニー」は、金木の観光ガイドをはじめ、津軽半島など近隣の観光スポット、四季の祭り、イベントや交通アクセスなどを紹介しています。 太宰にまつわる数々のお土産や、金木の特産品も展示、販売。レストランでは太宰治が好きだったという、郷土料理の若生昆布おにぎりや、根曲がり竹の入った太宰らうめん、太宰治御前...詳細を見る!
津軽三味線会館
2009/10/19 18:45 [ 15952アクセス ]
 津軽三味線発祥の地で1日5回の生演奏が聴けます。また、津軽三味線の歴史や世界の弦楽器を紹介している展示室があります。 津軽三味線の始祖と呼ばれる仁太坊や、その弟子たち、津軽三味線の神様とされた白川軍八郎らをたたえ、平成12年(2000)に開館。 展示室には、過酷な運命を背負った盲人達が、命をかけてあみだした数々の奏法によって誕生した津軽三味線の歴...詳細を見る!
立佞武多の館
2009/10/19 18:43 [ 14933アクセス ]
 明治40年(1907)頃から、隣町まで見えたといわれ、子どもの頃の太宰も見ていたかも知れない巨大ねぷた。 大正時代に姿を消したが、平成10年(1998)、80年ぶりに立佞武多として復活しました。 「ヤッテマレ ヤッテマレ」と、威勢のいい掛け声とともに、高さ22メートル、重さ18トンもの巨大なねぷたが街を行く立佞武多の魅力を、いつでも体感できるのが立佞武多の館。 祭...詳細を見る!
斜陽館
2009/10/19 18:41 [ 38139アクセス ]
 2階の廊下から真正面に見える夕日が情緒的でとても美しい。同時に、外観もレンガが夕日を浴びオレンジ色に輝きます。シャッターチャンスです。 太宰が生まれる2年前の明治40年(1907)、父・津島源右衛門によって建てられた豪邸。和洋折衷・入母屋造りの建物は、米蔵にいたるまで青森ひばが使用され、どっしりした重厚感が特徴となっています。 国の重要文化財建造...詳細を見る!

101 - 105 件目 ( 105 件中)    1 2 3 4 5 6


Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ