• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  すべてのスポット

すべてのスポット

現在、 107 件登録されています!

全体地図で見る
地域 (101)
太宰 (57)
その他 (10)
並び替え|観光スポット名|人気度

1 - 20 件目 ( 107 件中)   前 1 2 3 4 5 6


芦野公園
2010/6/2 8:53 [ 8301アクセス ]
 芦野公園は、湖をもつおよそ80haの自然公園で、桜2,200本と松1,300本が湖畔に広がり、日本さくら名所百選に選ばれています。 作家 太宰治が少年の頃よく遊んだ場所で、太宰が歩いた遊歩道や文学碑があり、ファンや観光客が散策したりボート遊びをしたりしながら太宰を偲んでいます。 園内には、太宰治文学碑や太宰治像、歴史民俗資料館、津軽三味線発祥の碑のほか、...詳細を見る!
仁太坊の里碑
2010/6/1 16:07 [ 8360アクセス ]
 岩木川沿いに立つ、この地が仁太坊の里であることを示す記念碑です。詳細を見る!
芦野公園駅
2010/6/1 15:35 [ 7810アクセス ]
 ゴールデンウィークに開催される「桜まつり」期間中には多くの乗客で賑わう。 園内の芦野湖に架けられた「夢の浮橋」を渡った湖岸に、恐山に次ぐ霊場「川倉賽の河原」がある。詳細を見る!
2010/6/1 15:32 [ 11456アクセス ]
 太宰の『津軽』には、小泊小学校の運動会で太宰と子守の越野タケが再会する場面がある。この小学校を望む丘に記念館が立ち、太宰とタケの年譜や写真、映像などを展示している。2人の像も立つ。詳細を見る!
旧西沢家住宅
2010/6/1 15:23 [ 10153アクセス ]
西沢家は、北海道礼文島に鰊漁場を有し、財を得たといわれ、大正時代に旧金木町に転入し、戦前まで漁業と農業を営んでいた。昭和25年頃から旅館業を営み、昭和55年頃には飲食業を営むため増改築されている。 主屋は、入母屋造等の鉄板瓦棒葺屋根を複雑に組合わせ、玄関から北に中廊下を設け、 18畳座敷と次の間15畳等を配する。東に延びる2階家は1階に8畳2室、2階に1...詳細を見る!
2010/6/1 15:18 [ 11397アクセス ]
創業は正保年間(1644~1648年江戸中期)頃と、「津軽古今偉業記」に記されています。 「岩木正宗」の銘柄は津軽富士「岩木山」の伏流水で酒を仕込んだことに因んでつけられました。現在は純米酒を中心に酒造りを営んでいる。 現社長で16代目。杜氏は17代目が引き継いでいる。詳細を見る!
2010/6/1 15:00 [ 7728アクセス ]
 金木町、賽の河原、川倉地蔵境内にある「津軽三味線塚」の碑です。詳細を見る!
2010/6/1 14:50 [ 8296アクセス ]
 旧津島家新座敷から雲祥寺に抜ける斜陽館の裏通りで、別な角度から見る斜陽館も楽しむことができます。 生花店や酒場、美容院などもあります。詳細を見る!
2010/6/1 14:44 [ 8052アクセス ]
 創立年月日不詳。 寛永の頃、 藤右エ門という者が、 金神林に於ける大木の根元にて奇異の三石を発見し、 霊夢に依り三宝荒神と崇め奉る。  明治四年愛宕神社と改める。 詳細を見る!
2010/6/1 14:22 [ 8004アクセス ]
 斜陽館や津軽三味線会館、南台寺に近い、浄土宗の寺院です。 主な行事は、法要、元祖法然上人の法事の御忌法要、浄土三部経の教示に依る十夜法要、修正会、彼岸会、盂蘭盆会、毎月の御講会など。詳細を見る!
2010/6/1 14:16 [ 9212アクセス ]
 正徳4(1714)年8月21日、金木村に、開基檀越、荒関利右ェ門の土地寄進により寺院を建立しました。 文化14年に庫裏を建造、慶応3年に全山消失、明治17年に再建し、大正9年20世大明院日実の代に鐘楼堂を建造。昭和21年に21世日霓が本堂屋根をトタン葺に改造し、昭和54年に22世日明が本堂改築、戦時に没収された鐘楼を新調、平成2年に庫...詳細を見る!
2010/6/1 14:12 [ 8207アクセス ]
 近世の日本海で隆盛した北前船の歴史を多方面からとらえ、様々な角度から紹介しています。 現存する貴重な資料の内容やそれが持つ意味をわかりやすく伝えることで、北前船に興味を抱き、知識を深め、往時を思い馳せながら、創造できる展示空間を展開していきます。 北前船の模型は700石積弁才船を3分の1の縮尺で複製したものです。昭和62年に、深浦町の花田昭三氏...詳細を見る!
2010/6/1 13:54 [ 10153アクセス ]
 太宰が「生みの母よりも、この叔母を慕っていた」という、叔母きゑの家があった場所は、現在津島歯科医院になり、隣にある蔵は、太宰が訪ねた当時の外観を残しています。詳細を見る!
津軽三味線発祥之地碑
2010/6/1 13:48 [ 10185アクセス ]
 津軽三味線発祥の地である金木町。その元祖、神原の仁太坊(本名:秋元仁太郎 1857~1928)は金木町の出身で、苦難の末に生きるための芸として”叩き奏法”を造りだした。 門下の「嘉瀬の桃」「白川軍八郎」らにより、やがて津軽三味線の基礎が築かれました。詳細を見る!
桜松橋
2010/6/1 13:41 [ 8641アクセス ]
 芦野湖をまたぐ吊り橋「桜松橋」。ここから見る湖畔の桜もまた格別です。すぐ横には太宰治文学碑があります。 桜松橋を渡ると、芦野湖に浮かぶ橋で日本で第2位の長さの「夢の浮橋」へたどり着きます。ここから見る桜もまた格別で、湖面を優雅に歩くことができます。詳細を見る!
太宰橋
2010/6/1 13:39 [ 8719アクセス ]
 芦野公園内にある橋です。資材は金木町喜良市で生産された「あすなろ」(ひば)を使用しております。詳細を見る!
芦野夢の浮橋
2010/6/1 13:31 [ 9621アクセス ]
 太宰治文学碑から桜松橋を渡りきると今度は「芦野夢の浮き橋」という芦野湖の湖面に浮かぶ橋に辿り着きます。この橋はその名の通り湖面の上を歩くように作られている橋で、湖面を楽しみながら散歩ができ、橋の中央付近には休憩所もあります。 この橋を渡りきると「金木町オートキャンプ場」に着きます。 詳細を見る!
2010/6/1 13:29 [ 9222アクセス ]
 ニホンザルを始め、鹿や熊、アヒルなどといった動物たちが皆さんをお待ちしています。詳細を見る!
2010/6/1 13:24 [ 6484アクセス ]
 小田川の上流にある小田川ダムの途中にあり、「湯」と名前は付いてますが冷泉が湧き出ていて、硫黄の匂いがたちこめて独特な雰囲気詳細を見る!
2010/6/1 13:06 [ 4792アクセス ]
 館内には、棟方志功の版画が随所に展示されています。宴会場は、国会議事堂を模した当ホテルらしく、大広間に「衆議院本会議室」中宴会場は「建設省」「農林省」などの名前が付けられています。 18万坪の広大な敷地は、津軽の奥座敷。ごゆっくり散策をお楽しみください。詳細を見る!

1 - 20 件目 ( 107 件中)   前 1 2 3 4 5 6


Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内