• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  地域 >  五所川原市 >  立佞武多の館
このページを印刷

立佞武多の館

2009-10-19 18:43 [ 11013アクセス ]
 この冬お勧め「つくね芋定食」。つくね芋は五所川原の特産品。まずは食べて気に入ったら物産コーナーで生のつくね芋を買って自宅で五所川原の味を楽しもう!

 明治40年(1907)頃から、隣町まで見えたといわれ、子どもの頃の太宰も見ていたかも知れない巨大ねぷた。
 大正時代に姿を消したが、平成10年(1998)、80年ぶりに立佞武多として復活しました。
 「ヤッテマレ ヤッテマレ」と、威勢のいい掛け声とともに、高さ22メートル、重さ18トンもの巨大なねぷたが街を行く立佞武多の魅力を、いつでも体感できるのが立佞武多の館。
 祭りの夜をイメージした展示室に一歩足を踏み入れると誰もがその高さに圧倒されます。
住所青森県五所川原市大町21-1
マップコード 71788888*38
※記載されたマップコードを全桁入力できないカーナビをお使いの場合は、下線部のみ入力下さい。
開館時間9:00~21:00(4~10月、11月以降冬時間有)
休館日定休日1月1日
入館料立佞武多展示室:大人600円、高校生450円、小中学生250円
美術展時ギャラリー:大人300円、小中高校生100円
携帯で見る

【地図情報】

太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内