• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  地域 >  太宰ミュージアム(金木周辺) >  芦野公園太宰治文学碑
このページを印刷

芦野公園太宰治文学碑

2009-10-19 19:45 [ 12330アクセス ]
 文学碑中央の鉄格子は、「人生には狭い険しい門がある」を意味しています。

 五所川原市金木町にある、芦野湖を含む約80haの自然公園。日本さくら名所百選に選ばれた、2,200本の桜と1,800本の老松が湖畔に広がる景勝地です。
 公園内にある太宰治文学碑には、ヴェルレーヌの詩の一節「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」と記され、碑の最上部には太宰の生まれ変わりを意味する不死鳥が刻まれています。
 毎年6月19日には、碑前で生誕祭(旧桜桃忌)を開催。
住所青森県五所川原市金木町芦野公園
マップコード 316594440*84
※記載されたマップコードを全桁入力できないカーナビをお使いの場合は、下線部のみ入力下さい。
入園料無料
携帯で見る

【地図情報】

太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内