• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  地域 >  弘前市

弘前市

5 件

上のカテゴリへ全体地図で見る
並び替え|観光スポット名|人気度 ▼

1 - 5 件目 ( 5 件中)   


太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)
2009-10-20 9:59 [ 10427アクセス ]
 官立弘前高校時代に、太宰は一年間義太夫を習っています。「壁に三味線がかけてあった」どこにかけていたのか。また百面相写真の撮影場所も気になります。 太宰治が官立弘前高等学校在学期間中の昭和2年4月から5年3月まで下宿していた旧藤田家住宅。2階奧の太宰の部屋は、押入、縁側、出窓が付いた6畳間。太宰が実際に使用した机や茶だんすなどが当時のままの状...詳細を見る!


土手の珈琲屋 万茶ン
2009-10-20 9:56 [ 8607アクセス ]
 弘前市のメインストリート・土手町から少し入った、かくみ小路にある「土手の珈琲屋 万茶ン」。 昭和4年(1929)に創業した喫茶店で、官立弘前高校時代の太宰が通ったほか、画家・阿部合成、小説家・石坂洋次郎らも足を運んだといわれています。 太宰が通った頃のレシピを再現した「昭和の珈琲」太宰ブレンドを飲むことができ、店内には弘前高校生が作ったという大...詳細を見る!

弘前大学
2009-10-20 10:02 [ 8441アクセス ]
 弘前大学と太宰治といえば、所属していた弘前高校新聞部や名簿碑・文学碑を想像しますが、実は付属図書館の太宰治研究文庫蔵書が魅力です。 旧官立弘前高等学校、太宰治は7回卒。 平成元年(1989)夏、創立70周年記念祭が開かれ、弘高生青春之像を建立。 旧制弘前高校卒業生名簿碑には、太宰の本名「津島修治」の名が刻まれています。 名水百選のひとつ「富田の清...詳細を見る!

弘前市立郷土文学館
2009-10-20 10:05 [ 8155アクセス ]
 太宰治の随想「田舎者」に登場する、作家今官一は太宰治と同じ明治42年生れ。金木は、見栄坊の町であるかもしれないが、弘前は城下町。歴史文学散策はいかがですか。 追手門広場・弘前市立図書館の一角にあり、1階の展示室では、太宰治や今官一、陸羯南など、郷土出身の作家と弘前にゆかりのある作家を紹介しているほか、企画展や津軽方言詩の朗読を映像で楽し...詳細を見る!

弘前公園本丸岩木山ビューポイント
2009-10-20 10:08 [ 6640アクセス ]
 春には約50種、2,600本の桜が咲き誇る名所として知られている。日本のさくら名所100選に選定されている。周辺には津軽藩ねぷた村、弘前市立郷土文学館などがある。 太宰が弘前高等学校時代、ひとりで弘前城を訪れ、岩木山を眺めた場所。小説「津軽」で、脚下に広がる弘前を夢の町と表現しています。 「ふと脚下に、夢の町がひっそりと展開しているのに気がつき、ぞ...詳細を見る!

1 - 5 件目 ( 5 件中)   


太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内