• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ >  奥津軽観光 >  観光スポット >  地域 >  五所川原市

五所川原市

15 件

上のカテゴリへ全体地図で見る
並び替え|観光スポット名|人気度 ▼

1 - 10 件目 ( 15 件中)   前 1 2


吉幾三コレクション
2009-10-20 10:24 [ 13490アクセス ]
 吉幾三氏の実際に着用した衣装を着て、写真をとることが出来ます。 五所川原市金木町出身の歌手で、作詞、作曲家の吉幾三さんの記念館。 愛用の楽器をはじめ、紅白歌合戦やコンサートなどで着用した衣装の数々、趣味の書などを展示しています。また、音響装置を備えたミニステージもあり、催事やパーティなども開催。 吉幾三さんの作品を鑑賞できる喫茶「夢ド...詳細を見る!


立佞武多の館
2009-10-19 18:43 [ 11335アクセス ]
 この冬お勧め「つくね芋定食」。つくね芋は五所川原の特産品。まずは食べて気に入ったら物産コーナーで生のつくね芋を買って自宅で五所川原の味を楽しもう! 明治40年(1907)頃から、隣町まで見えたといわれ、子どもの頃の太宰も見ていたかも知れない巨大ねぷた。 大正時代に姿を消したが、平成10年(1998)、80年ぶりに立佞武多として復活しました。 「ヤッテマレ ヤ...詳細を見る!

津軽鉄道
2009-10-19 19:19 [ 11232アクセス ]
 津軽鉄道では、四季をとおして「ストーブ列車」「風鈴列車」「鈴虫列車」等を運行。また、トレインアテンダントが乗車して、沿線の観光案内やおもてなしをしております。 昭和3年(1928)開通の津軽鉄道は、津軽五所川原を起点に太宰治の生家が残る金木を経由し、津軽中里まで津軽半島を20.7キロメートル縦断する鉄道。 季節の音色が美しい夏の風鈴列車や、秋の鈴虫列...詳細を見る!

十三湖
2009-10-20 9:11 [ 11108アクセス ]
 淡水と海水が入り交じる汽水湖で、日本有数のヤマトシジミの産地です。また、鎌倉時代から室町期にかけて数々の貿易を行い、北国第一の湊として栄えたと伝えられています。 津軽平野の北端にある十三湖は、世界自然遺産白神山地と霊峰岩木山を源流とする岩木川の淡水と、日本海の海水が混ざり合った汽水湖。 中世の頃には安東氏が支配し、貿易港として賑わいを...詳細を見る!

乾橋(いぬいばし)
2009-10-19 19:50 [ 10288アクセス ]
 市内を流れる岩木山に掛かる橋。作家・太宰治が小説「津軽」で、中畑慶吉宅を訪問した際に娘のけいちゃんに案内され、子守だった越野たけとの思い出を語った場所です。 小説「津軽」本編に登場する、五所川原市の岩木川に架かる橋。 彼は岩木川を見るために、結婚をあさってに控えたおけいちゃんに、この橋まで案内してもらったという。 五所川原は、太宰が母...詳細を見る!

2010-6-1 15:18 [ 9333アクセス ]
創業は正保年間(1644~1648年江戸中期)頃と、「津軽古今偉業記」に記されています。 「岩木正宗」の銘柄は津軽富士「岩木山」の伏流水で酒を仕込んだことに因んでつけられました。現在は純米酒を中心に酒造りを営んでいる。 現社長で16代目。杜氏は17代目が引き継いでいる。詳細を見る!
津軽金山焼
2009-10-19 20:36 [ 8933アクセス ]
 電動ロクロや手びねりの陶芸体験で世界に1つしかない作品を作りませんか。レストラン「パタータ」では薪窯で焼くピザ作り体験ができます。とっても楽しい体験ですよ。 かつてこの地にあった「須恵器」から強い影響を受けた津軽金山焼は、昭和60年(1985)、五所川原市金山地区に登り窯を作ったことにはじまります。 金山大溜池の底に堆積する良質の粘土を使い、釉薬...詳細を見る!

し~うらんど海遊館
2009-10-20 9:06 [ 7378アクセス ]
 日本初の公共タラソテラピー施設。海水・海藻・海洋性の気候など、海の様々な資源を用いて体の機能を整える自然療法で、温海水プールや海藻パックなどが気軽に楽しめます。 タラソテラピーが楽しめる本格的施設。 タラソテラピーは「海洋療法」のことで、海の様々な資源を利用して身体の機能を高めていく自然療法です。新鮮な海水を、体温と同じくらいの気持ち...詳細を見る!

脇元海辺ふれあいゾーン
2009-10-20 9:09 [ 7159アクセス ]
 かつて鰊漁を生活の糧に暮らしていた脇元地区に「鰊御殿」を復元。資料や当時の漁具などを展示しており、ヒバ材を使ったバンガローや食堂、シャワー施設などがあります。 津軽半島の日本海沿岸はその昔、鰊や鰯漁が盛んでした。中でも脇元地区は鰊漁を生活の糧に暮らしていた地域。 しかし昭和20年頃から魚場は北海道方面へ移り、衰退の一途を辿ります。 ここに...詳細を見る!

2010-6-1 13:54 [ 7113アクセス ]
 太宰が「生みの母よりも、この叔母を慕っていた」という、叔母きゑの家があった場所は、現在津島歯科医院になり、隣にある蔵は、太宰が訪ねた当時の外観を残しています。詳細を見る!

1 - 10 件目 ( 15 件中)   前 1 2


太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ