• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
トップ > 太宰Web文庫 > もの思う葦 ――当りまえのことを当りまえに語る。
もの思う葦 ――当りまえのことを当りまえに語る。 (p1/20)
 作品を読む

作品名  もの思う葦
著者名  太宰治
仮名遣い種別  新字新仮名

【テキスト中に現れる記号について】
《》:ルビ
(例)葦《あし》
|:ルビの付く文字列の始まりを特定する記号
(例)日本|浪曼派《ろうまんは》
[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#ここから1字下げ]

底本:「太宰治全集10」ちくま文庫、筑摩書房
   1989(平成元)年6月27日第1刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房
   1975(昭和50)年6月〜1976(昭和51)年6月
初出:(「はしがき」から「ふたたび書簡のこと」まで)
   「日本浪曼派」
   1935(昭和10)年8月〜12月
   (「わが儘という事」から「余談」まで)
   「東京日日新聞」
   1935(昭和10)年12月14日、15日
   (「Alles Oder Nichts」)
   「葦」
   1950(昭和25)年8月10日発行
   (「葦の自戒」から「敵」まで)
   「作品」
   1936(昭和11)年1月1日発行
   (「健康」から「最後のスタンドプレイ」まで)
   「文芸通信」
   1936(昭和11)年1月1日発行
   (「冷酷ということについて」から「わがダンディスム」まで)
   「文芸汎論」
   1936(昭和11)年1月1日発行
   (「「晩年」に就いて」から「宿題」まで)
   「文芸雑誌」
   1936(昭和11)年1月1日発行
※底本には「もの思う葦(その一)」「同(その二)」「同(その三)」と三部に分けて収録されていますが、このファイルでは一続きに編成しました。
入力:土屋隆
校正:noriko saito
2005年3月21日作成
2006年7月1日修正

作品一覧へ戻る 作品を読む >>

太宰倶楽部ログイン

メールアドレス:
パスワード:

パスワード紛失
SSL Login
太宰倶楽部とは
新規登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
しおり
しおりを利用するにはログインまたは新規会員登録をしてください。

小説コメント
コメントをつけるにはログインしてください。
このページへのコメント一覧
このページへのコメントはありません。
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ