• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
母 (p1/9)
 作品を読む

作品名  母
著者名  太宰治
仮名遣い種別  新字新仮名

【テキスト中に現れる記号について】
《》:ルビ
(例)所謂《いわゆる》

底本:「太宰治全集9」ちくま文庫、筑摩書房
   1989(平成元)年5月30日第1刷発行
   1998(平成10)年6月15日第5刷発行
底本の親本:「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房
   1975(昭和50)年6月〜1976(昭和51)年6月発行
入力:柴田卓治
校正:かとうかおり
2000年1月23日公開
2005年11月7日修正

作品一覧へ戻る 作品を読む >>

太宰倶楽部ログイン

メールアドレス:
パスワード:

パスワード紛失
SSL Login
太宰倶楽部とは
新規登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
関連情報

太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)


大正11年、太宰の兄・文治夫婦の新居として建てられた津島家の離れ。斜陽館と同じ和洋折衷の重厚な建物です。現在地へ曳き家移転し津島家が手放したあとは2度所有者が変わり、現在の所有者が平成18年秋から「太宰治疎開の家」として一般公開を始めました。疎開した太宰治が暮らした家として、唯一現存する建物。



■関連スポット
しおり
しおりを利用するにはログインまたは新規会員登録をしてください。

小説コメント
コメントをつけるにはログインしてください。
このページへのコメント一覧
このページへのコメントはありません。
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内