• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
父 (p2/9)
[#ここから7字下げ]
イサク、父《ちち》アブラハムに語《かた》りて、
《ちち》よ、と曰《い》ふ。
《かれ》、答《こた》へて、
《こ》よ、われ此《ここ》にあり、
といひければ、
            ――創世記二十二ノ七
[#ここで字下げ終わり]


 義のために、わが子を犠牲にするという事は、人類がはじまって、すぐその直後に起った。信仰の祖といわれているアブラハムが、その信仰の義のために、わが子を殺そうとした事は、旧約の創世記に録されていて有名である。
 ヱホバ、アブラハムを試みんとて、
 アブラハムよ、
 と呼びたまふ。
 アブラハム答へていふ、
 われここにあり。
 ヱホバ言ひたまひけるは、
 汝《なんじ》の愛する独子《ひとりご》、すなはちイサクを携《たずさ》へ行き、かしこの山の頂きに於《おい》て、イサクを燔祭《はんさい》として献《ささ》ぐべし。
 アブラハム、朝つとに起きて、その驢馬《ろば》に鞍《くら》を置き、愛するひとりごイサクを乗せ、神のおのれに示したまへる山の麓《ふもと》にいたり、イサクを驢馬よりおろし、すなはち燔祭の柴薪《たきぎ》をイサクに背負はせ、われはその手に火と刀を執《と》りて、二人ともに山をのぼれり。
 イサク、父アブラハムに語りて、
 父よ、
 と言ふ。
 彼、こたへて、
 子よ、われここにあり、
 といひければ、
 イサクすなはち父に言ふ、
 火と柴薪《たきぎ》は有り、されど、いけにへの小羊は何処《いずこ》にあるや。
 アブラハム、言ひけるは、
 子よ、神みづから、いけにへの小羊を備へたまはん。
 斯《か》くして二人ともに進みゆきて、遂《つい》に山のいただきに到れり。
 アブラハム、壇を築き、柴薪をならべ、その子イサクを縛りて、之《これ》を壇の柴薪の上に置《の》せたり。

<< 表紙へ戻る 次のページ (p3/9) >>
Myルートガイド