• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
金木さなぶり荒馬
トップ > 奥津軽観光 > 郷土芸能 > 金木さなぶり荒馬

金木さなぶり荒馬について

お殿様の颯爽とした英姿を讃えた豊穣を願う農村の踊り
金木さなぶり荒馬

新田開発が各地で盛んになり、金木地方も水田の開発が進められ、虫から稲を守りたいという祈りを込めて行う農村の虫祭りも、ますます賑やかになって行事化していきます。
その頃、天保年間に、藩主信政公が少数の士卒を連れて民情視察の途次、金木村を訪れ、八幡宮に五穀豊穣と武運長久の御祈願をされました。突然のことなので、神主笹木氏(現笹木正巳氏先祖)並びに庄屋角田氏(現角田信一郎氏先祖)らがはからい、村人を挙げて迎え、帰りには礼をつくして村はずれまで見送りをしました。当時、赤坂(若松町の入口)手前の橋は、丸太橋のいたって粗雑なものでしたが、藩主は馬上豊かに馬の手綱をとり、供奴二人が左右に手綱をのばして、一回二回と後に下がり右にひき、左に廻り、三回目に英姿さっそうとして橋を渡られたとのことです。
初めて見た藩主の見事な英姿に感激した村人たちは、村の誉れとして永久に残すべく“虫送り”の荒馬踊りに、手綱を取る所作を採り入れるようになったとされています。
(昭和56年県無形民俗文化財指定)

開催場所金木町朝日山地区
開催時期8月中旬


郷土芸能 トップ   |   次ページ >  嘉瀬の奴踊り

奥津軽観光トップ


太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ