• 日本語
  • English
  • 韓国語
  • 中文
 
Clip to Evernote
 
小説「津軽」の像記念館・小説「津軽」の像
  • 施設のご案内
  • ご利用案内
  • アクセス
トップ > 奥津軽観光 > イチオシ観光スポット > 小説「津軽」の像記念館・小説「津軽」の像

施設のご案内

 小説「津軽」のクライマックス。太宰の子守をしていたタケと太宰が30年ぶりに再会を果たした丘にあるのが、小説「津軽」の像と太宰治文学碑です。
 太宰の子守タケが住んでいた旧小泊村(中泊町)にも太宰の文学碑を作ろうと、平成元年に建立。
 隣接する小説「津軽」の像記念館では、小説「津軽」の誕生から、小説「津軽」のたどった足跡、「津軽」が執筆されるようになった経緯を紹介しているほか、越野タケと太宰治の年譜、写真、思い出の品をパネルなどで解説しています。
 映像音声コーナーとして、太宰の合成音声、長女園子さんの映像や音声を自由に選択できるコーナーを設置。
 ほかに、在りし日のタケの姿と太宰を映像でとらえたビデオシアター、タケが太宰との思い出を語る映像など、小説「津軽」にまつわるものを展示しています。

施設の写真

小説「津軽」の像 小説の1シーンが再現されている。
小説「津軽」の像記念館外観。 小説「津軽」の像記念館入口。 夕陽を浴びるタケと太宰の像。
小説「津軽」の一節。 入口には若き日のタケや太宰の像が並ぶ。


小説「津軽」の像記念館・小説「津軽」の像トップ | 次ページ >  ご利用案内


イチオシ観光スポット一覧

奥津軽観光トップ


太宰倶楽部とは
新規会員登録
Myルートガイド
 
facebook公式ページヘ
奥津軽を楽しむ
津軽の味
津軽を体験
おすすめ観光ルート
年間イベント案内
近日開催イベント
  • 予定なし
イベント情報へ